J-scat日本作詞作曲家協会



「音楽同志会」について

「音楽同志会」、平成26(2014)年2月12日発足。
「音楽同志会」は「J-scat(日本作詞作曲家協会)」から生まれた新たな「JASRACを見つめる会」です。
「音楽同志会」は作詞家、作曲家、音楽出版社を含む信託者のためにJASRAC の全てを見つめ続けます。
「音楽同志会」の母体である「J-scat」は、これからも「音楽同志会」を応援し、信託財産を守ります。
「音楽同志会」は逃げず、恐れず、迎合せず、会員・信託者とその信託財産を守るために行動します。
「音楽同志会」は、進化する様々な音楽使用媒体を研究し、その徴収分配方法を研究し、JASRAC会員・信託者とその信託財産を守ります。

全ては、JASRAC会員・信託者とその信託財産を守るために。

「音楽同志会」
107-0052 東京都港区赤坂7-5-6-305 astromusic内
Tel 03-5561-7606
Fax 03-3585-3145

<2014年 JASRAC理事立候補者選挙について>

音楽同志会は次の4名を推薦致します。

作詞家   水谷啓二  さとうみかこ
作曲家   巻上公一
音楽出版者 アストロミュージック出版株式会社 五代儀彦秀

この4名への、皆様のご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
選挙立候補文は、JASRACから配布されました「立候補者一覧」に記載されています。

音楽を取り巻く環境は世界的にこれからますます厳しくなります。
ただ、世界標準を捉えるがあまりJASRAC自身が持つ問題から目を背けるようなやり方では、会員・信託者と信託財産は守れません。
JASRACは世界に対しては十分によく働いています。しかしJASRACの根本ともいうべき会員・信託者の個々の意見に対しては如何でしょうか。正会員の議決権ひとつとっても納得できません。法律で決められたことに逆らうのではなく、会員・信託者の意見を常に受け取って考える方法(仕組み)を、丁寧につくり上げる必要があります。

音楽同志会は、会員・信託者の権利と信託財産を守るために、行動していきます。
上記の理事立候補社へのご支援を、宜しくお願い申し上げます。